WordPressのサイト作成時にインストールしたいプラグイン一覧

  • 2
  • 534
  • 0
  • 29


WordPressで新規サイトを作成したとき、すぐにインストールしておきたいプラグイン一覧にしてまとめておきます。


※この一覧は一例で、使用するプラグインは個人やサイト内容によって異なります。



サイト作成時にインストールしたいプラグイン一覧


  • Bulk Plugin Installation
  • プラグインをまとめてインストールするためのプラグイン。ワードプレスをインストールしたら、まずこのプラグインを導入しておけば、あとは一括でインストールできる。

    プラグイン一覧テキスト



  • AddQuicktag
  • WordPressの投稿画面で、htmlタグや定型文などを登録してワンタッチで使用することが出来る。これが無いと作業効率が大幅に下がってしまうほど必須のプラグイン。


  • Akismet
  • ワードプレスにデフォルトでインストールされているスパム対策プラグイン。デフォルトで入っているけど、有効化するには設定が必要なので放置している人も多い。できるだけ早めに設定しておこう。


  • All In One SEO Pack
  • SEOに関するさまざまな設定を一手に引き受けるプラグイン。設定できる項目が非常に多い上に、大事なことばかり。少しずつ勉強しながら使いこなせるようになりたいところ。


  • Auto Post Thumbnail
  • 記事を投稿するのと同時にアイキャッチ画像を自動で設定してくれるプラグイン。手間を省いてくれるし、アイキャッチ画像によるインパクト向上の効果も大きい。


  • BackWPup
  • WordPressのサイトを丸ごとバックアップできるプラグイン。データベース上のデータと、ファイルデータの両方がバックアップできる。メジャーなバックアップ・プラグインWP-DBManagerだと、データベース上のデータしかバックアップ出来ないので、個人的にはBackWPupの方がベターだと思う。クラウド上のDropboxへ自動でバックアップを保存する設定がおすすめ。


  • brBrbr ※追記 現状ではおすすめしないことにしました。
  • 改行を自動的に改行タグへ変換してくれるプラグイン。公式プラグインではないが、日本語で文章を作るときはこのプラグインがあった方が書きやすいと思う。htmlの文法的には疑問を呈す人も多い。


  • Broken Link Checker
  • サイト内のリンク切れをチェックしてくれるプラグイン。記事に挿入されたすべてのリンク切れを手作業でチェックするのは実質不可能なので、このプラグインは必須。


  • Contact Form 7
  • お問い合わせフォーム設置プラグイン。とても簡単に問い合わせフォームが設置できる。ユーザーとのコミュニケーションやビジネスチャンスの窓口になるので必ず導入しておきたい。


  • Google XML Sitemaps
  • クローラー用のサイトマップを構築・送信してくれるプラグイン。サイトマップを作成しておくと、クローラーがスムーズにサイト内を巡回できるようになる。設定にはウェブマスターツールへサイトを登録する必要がある。あと、サイトマップの送信は、記事の投稿を開始してからにしたほうがいい。


  • No Self Pings
  • ワードプレスのセルフピンバックを停止するプラグイン。ピンバック機能は内部リンクにも反応することがある残念な仕様になっているので、このプラグインを入れてセルフピンバックを停止させておきたい。


  • PubSubHubbub
  • 記事を更新したことを素早く読者や検索エンジンに伝えるプラグイン。これによって新鮮な情報を届けることができる。また、素早くインデックスさせることで記事がオリジナルであることを主張できる。


  • Resize At Upload Plus
  • 画像をアップロードした時点で、任意のサイズ以下に縮小してくれるプラグイン。多くの画像を使用する場合は特に便利。File Galleryとの併用がおすすめ。


  • WordPress Related Posts
  • 関連記事を表示してくれるPV数増加には必須のプラグイン。見せ方もいろいろと選択できて、動作も安定している。


  • WordPress Ping Optimizer
  • ワードプレスのPing設定を最適化してくれるプラグイン。重複したPing送信を防ぎ、送信履歴も管理できる。


  • WordPress Popular Posts
  • 人気記事のランキングを自動で計算して表示してくれる。PV数増加には欠かせない。サイドバーに設置したい。


  • WP Multibyte Patch
  • ワードプレスにデフォルトで入っているプラグイン。WordPressは日本語で使用するとどこかで文字化けする可能性があるので、必ず有効化しておきたい。


  • WP Social Bookmarking Light
  • 記事にSNSの拡散ボタンを付与してくれるプラグイン。任意の位置にさまざまなボタンを表示できる。SNSで記事の拡散をするためにSNSのボタンは必須。




関連記事
プラグインを選ぶときの判断材料とは?






※当記事が500以上のはてブ数を獲得しました。
ブックマークありがとうございますっ(._.)

はてブを500獲得して、けっこうアクセスが爆発したので、その経緯を記事にまとめておきました。よかったら御覧ください。

弱小ブログが500はてブ獲得!アクセスと拡散が爆発する仕組み



  • 2
  • 534
  • 0
  • 29




3 Responses to “WordPressのサイト作成時にインストールしたいプラグイン一覧”

  1. […] た有効と思われるSEOを紹介します。 WordPressのサイト作成時にインストールしたいプラグイン一覧 | WordPressのアフィリエイトで稼ぐ人生を始める-サトシを参考に3つのプラグインを追加し […]

  2. 2014.3.30(日)のネタリスト 「ペレ氏が死去」と誤報 米CNN番組がツイート – 47NEWS ほか より:

    […] ★WordPressのサイト作成時にインストールしたいプラグイン一覧 | WordPressのアフィリエイトで稼ぐ人生を始める-サトシ […]

  3. 初心者がWordPressのプラグインで参考になったおすすめ記事まとめ | コレヨモ より:

    […] WordPressのサイト作成時にインストールしたいプラグイン一覧 | WordPressのアフィリエイトで稼ぐ人生を始める […]

コメントを残す

コメントは承認制です。日本語が含まれない投稿は無視されます。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ