アップデートでエラー「このWordPressのデータベースはすでに最新のものです!」

  • 0
  • 0
  • 0
  • 28


放ったらかしにしていたサブブログをワードプレス3.8.1にアップデートしたら、ダッシュボードに入ることが出来ないエラーが発生しました。

更新の必要はありません
この WordPress のデータベースはすでに最新のものです !

ダッシュボードに入れなくなると、一瞬焦ります…^^;



ワードプレス3.8.1へアップデートした時の状況

アップデートする前に、バックアップをプラグインBackWPupで済ませておきました。使用していたプラグイン37個を全部停止して、ワードプレスをアップデートします。ここまでは問題ありません。



その後、停止したプラグインを数個ずつ確認しながら有効化していたら、途中で前述のエラーが発生しました。エラー画面以外のダッシュボードには入ることができない状態です。ブログの表示だけは普通できます。



原因の予想

プラグインを有効化させているときにエラーが発生したので、その中のどれかが原因だろうなぁという予想ができます。どのプラグインか特定できれば、削除するだけで解決出来そう。

ブラウザからワードプレスのダッシュボードには入れないので、FTPソフトを使って削除することになりますね。



この時点ではどのプラグインか特定できていなかったので、検索してみました。
「このWordPressのデータベースはすでに最新のものです!」で検索。

すると情報がわんさか出てきました。2年前からワードプレスのアップデートのたびに記事が書かれてます。

どうやら原因はwp-file-cacheというプラグインでほぼ確定のようです。



解決の手順

原因がほぼ確定したので、あとは削除するだけです。


FFFTPでサーバーにアクセスし、以下の階層まで進みます。

/ドメイン/public_html/wp-content/plugins

そしてwp-file-cacheフォルダを削除すれば…
あれ?削除できないっ
処理に時間が掛かった上、削除できませんでした。



フリーソフトFFFTPは、ファイル操作がうまくいかないことがあるようです。
一応2度試してみましたが、やはり削除できず。

ということで、別のFTPソフトFileZillaをインストール。


初めて使うので使い勝手が分かりにくいですが、サーバーと接続してプラグインwp-file-cacheをフォルダごと削除します。

きちんと綺麗に削除できました。

※ちなみにFileZillaはマルウェアが仕込まれている偽物も出回っているので、信用できるサイトからDLしましょう。更新ができるか確認しておくといいです。
(偽物は更新が出来ない)




削除できたのでダッシュボードに行ってみると、無事画面が表示されました。

ん、あれ?
左上のところが文字化けしてる…

もうっ 不具合多いなー。



「ワードプレス アップデート 文字化け」で検索。
プラグインMultibyte Patchをアップデート&有効化すれば直るみたい。

なーんだ、簡単だ。
・・・
直らない!

しばらく悩んだ後、ブラウザを更新させたら直りました。
キャッシュをクリアすればいいだけでしたね。



ふう。
これでアップデート完了です。

結局どれもたいしたエラーでは無かったんですが、やっぱりワードプレスのアップデートは気を使いますね。




今回のポイント

wp-file-cacheについては、最終更新が3年前だったので、もうインストールはしていません。

アップデートの時は、キャッシュ系のプラグインがトラブルの原因になることが多いと勉強になりました。

あと、やっぱりプラグインはきちんと更新されているものを使うこと。それとなるべく数を抑えることが大事ですね。

数が増えるにつれてエラーに遭う確率が上がりますし、エラー時の原因探しも大変になります。



  • 0
  • 0
  • 0
  • 28




2 Responses to “アップデートでエラー「このWordPressのデータベースはすでに最新のものです!」”

  1. […] アップデートでエラー「このWordPressのデータベースはすでに最新のものです!」 […]

  2. […] インが原因のようです。 ●アップデートでエラー「このWordPressのデータベースはすでに最新のものです!」 | WordPressのアフィリエイトで稼ぐ人生を始める-サトシ ●このWordPressのデータベ […]

コメントを残す

コメントは承認制です。日本語が含まれない投稿は無視されます。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ