ダブルクォーテーションやHTMLタグをサイト上の文章で自動変換させずに表示する方法

  • 0
  • 0
  • 0
  • 28


WordPressでHTMLタグなどのプログラムソースコードを記事の文章中に表記したいときに、サイト上で見てみるとダブルクォーテーションやシングルクォーテーション大文字に自動変換されていることがあります。

また、記事中にそのまま「</body>」と書くと、サイト上ではタグであると認識されて、当然表示されなくなります。



ソースコードを表示させるためのプラグインSyntaxHighlighter Evolvedなどを使えば確実に記述できますが、文章中にタグをちょこっとだけ表現するためにプラグインの機能を使うのは少し大げさですよね。

そういうときに対応する方法を説明します。



表示がうまくいかないよくあるパターン

  • </body> → 表示されない
  • "double" →「"」が大文字の「”」になる
  • 'single' →「'」が大文字の「’」になる
  • & → たまに表示されない

サイト上でHTMLタグが表示されないっていうのは当たり前のことで、それによってサイトの表示がヘンになったり、文章の意味が分からなくなっても、自サイトの問題なのでまだマシだと思います。

マズいのはダブルクォーテーションなどのように、小文字を大文字に自動変換されてしまう時です。例えば、記事を見てくれた人がプログラムソースをコピペして使った場合、間違った大文字のまま使用して面倒な不具合を引き起こしてしまうことだってあるわけです。

これはヘタすると、サイトの信用問題になってしまうかもしれません。




問題なくサイト上で表示するための方法

では、問題なくサイト上で表示するための方法を説明します。

例.
</body>直前に記述します。
ダブルクォーテーションで囲う→"double"
'single'このようにシングルクォーテーションで囲みます。
A&B

上記の例文を、サイト上で正しく表現したいとして話を進めます。
まずは上記の文字列をコピーします。




TECH-UNLIMiTEDさんのHTML特殊文字変換ツールにアクセスします。

html-tokushumoji02
先ほどの文字列を①ペーストし、②「変換する」ボタンをクリックします。

すると変換が必要な文字列だけを特殊文字に変換してくれるので、③変換後の文字列をコピーします。

それを記事に貼り付ければ、サイト上でもきちんと表示してくれます。




例.
</body>直前に記述します。

html-tokushumoji01

このように、サイト上では普通にタグが書いてあるように見えても、ソースを表示させると変換した特殊文字になっています。



こうしておくと、ユーザーは普通にコピーして正しい記述のまま使うことができますし、HTMLの文法にも影響しません。非常に安全な方法です。

記事に文章とプログラムソースを混ぜて書きたい時は、ぜひこのツールで変換してみてください。




自動変換させない設定もできるけど…

ダブルクォーテーションなどの自動変換は、HTMLに影響を及ぼして表示がおかしくなってしまうことを防ぐための仕様です。

WordPressの場合、そのための関数が設定してあるfunction.phpに変更を加えて、自動変換させなくすることも可能です。しかし、あまりWordPressやタグに詳しくない方がこの変更をすることはおすすめしません。



やり方は「WP SEOブログ」さんのブログに載っていますので、一応記事を紹介しておきます。興味があったら自己責任でカスタマイズしてみましょう。

WordPressのダブルクォーテーションの自動変換を止める

「WP SEOブログ」さんの記事より



  • 0
  • 0
  • 0
  • 28




コメントを残す

コメントは承認制です。日本語が含まれない投稿は無視されます。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ