ツイッターアカウントが凍結される理由をまとめてみました

  • 0
  • 0
  • 0
  • 28


最近のツイッターアカウント凍結されやすいです。せっかくアカウントを作っても凍結されてしまっては元も子もないので、きちんとルールを守って大切にTwitterアカウントを運用するようにしましょう。

というわけで、ツイッターアカウントが凍結される理由をまとめてみました。



ツイッターアカウントが凍結される理由

・短時間で大量にフォローやアンフォローした

・フォロワーに対してフォロー数が多すぎる

・同じツイートばかり

・URLを含むつぶやきばかり

・DMを送りすぎる

・みんなにスパム報告された

・複数アカウントを大量に作った

・複数アカウントで同時に同じつぶやきをした

・全然つぶやいてない

・不適切な言葉や画像を使っている


フォロー数のバランスは、例えば30人くらいしかフォロワーがいないのに1000人フォローしちゃうとかはダメです。だいたい比率として、フォロー:フォロワー=1.5:1 くらいにしておきましょう。フォロワーが30人の場合なら、フォローは45人程度まで、ですね。

フォロワーが増えてきたら、だんだん比率が1:1になるようにしていくのが良いです。

Twitterは短時間に同じツイートを繰り返すことができない仕様になっていますが、時間をおいて同じツイートばかりしていると凍結されます。そんなアカウント、壊れたオモチャのようでフォローしたくないですよね…。



不快なツイートをする、無関係の人にメンションを送りまくるなど、ツイッター上で誰かに迷惑をかけるとスパム報告をされます。そしてスパム報告がある一定の数を超えると凍結されます。

ネット上だからといってルールがまるで無いわけではありませんので、人に迷惑をかけるような行為はやめておきましょう。Twitterは某大型掲示板とは違います。たまに同じような感覚でつぶやいている人もいますけど、公序良俗に反するつぶやきはダメです。



同じIPアドレスから複数のアカウントを大量に作ると、非常に凍結されやすいアカウントとして認識されます。アカウント作成は、多くても一日1アカウントにしておくのが良いです。

また、6ヶ月以上活動していないアカウントは凍結されます。後で使用する予定でも、うっかりしていると6ヶ月過ぎてしまうこともあるので気をつけましょう。



凍結の条件に当てはまることはしていませんか?

他にも凍結の条件は無数にありますが、とにかく言えることは「常識の範囲内で利用する」ということですね。凍結される前に、一度自分のアカウントがどのような状況になっているか見直してみましょう。



Twitterの凍結条件は年々厳しくなっているのが現状です。ですので、昨日までOKだったことが急にダメになっている日も来るかもしれません。凍結を避けるためには、できるだけ最新の情報を仕入れることが大切です。せっかく育てたTwitterアカウントが凍結されてしまうのは悲しいですからね。



※ツイッターで2001人以上フォローする方法
ツイッターで2001人以上フォロー出来ない人は…



  • 0
  • 0
  • 0
  • 28




コメントを残す

コメントは承認制です。日本語が含まれない投稿は無視されます。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ