アドセンスの広告配信を停止する警告メールが来たらどうすればいい?報酬はどうなる?

  • 0
  • 1
  • 0
  • 28


グーグルアドセンスを利用していると、ふとしたことでポリシー違反をしてしまうことは誰にでも起こる可能性があります。

自分で気づいて修正できればいいのですが、それが出来なかった場合はGoogleから広告配信を停止する警告メールが届いてしまいます。



「広告配信を停止するメール」が来た時はどうすればいい?

「ポリシー違反をしているので、72時間(3日)以内に修正してください」

このような広告配信停止の警告メールにすぐ気付き、改善するチャンスがあるのなら、それはラッキーです。すぐさまサイトを改善してその旨をGoogleに知らせましょう。おそらく警告メールには改善すべき箇所のヒントも記されているはずです。

具体的にどのページなのかは教えてくれませんので、アドセンスを使っている記事が多い場合はかなりの緊急事態になります。



ポリシー違反になる主な原因はこちらを参考にしてください。
アドセンスのアカウントが停止になる主な原因

修正が完了したら、ポリシー違反の審査をこちらから申請します。
審査は何度でも可能です。
ポリシー違反の審査を申請する

警告メールから3日以内に改善されない場合は、そのサイトの広告配信は停止されます。それよりも早く停止されることもあるようです。



考えたくはないですが、警告メールに気づかなかった場合、アカウントを無効にされても文句は言えません。なので、常日頃からGoogleのメールは恋人のメールよりも優先させなければなりません(笑)



ポリシー違反の修正は早ければ早いほど良い

時間が経つにつれて、本来得ることが出来た収益をどんどん失いますし、修正の申告が早いほど審査の回答も早くなる傾向があります。



どうしても3日以内に修正することができない場合は、長期戦を覚悟しましょう。とりあえず出来る箇所だけでも修正して、一度申請をしておいたほうがいいです。

「警告メールを無視している」とアドセンス側に受け取られると、アカウント停止にされる可能性がありますので。

審査に落ちて、3日が経過した後でも、再審査を申請できます。



ただし、3日以内に修正した時よりも回答が来る時間がだいぶ遅くなります。数週間とか、1ヶ月単位の時間が必要になる可能性もありますが、あきらめないで修正したことを伝えるようにしましょう。

ちなみにその場合でも、アドセンスアカウントが停止していなければ、別のサイトでアドセンスは利用可能です。

修正が難しいと感じたら、広告をすべて外し、警告を受けたサイトでアドセンスを利用することをあきらめるのも一つの方法です。アドセンスアカウントは貴重ですからね。



また、悪質なポリシー違反をした場合には、警告メールもなくいきなりアカウントが無効になることもあります。広告配信の停止ではなく、アカウント無効となる厳しい処分ですね。

この場合、殆どの場合は身に覚えがあると考えられます。もしくは悪意のある第三者の存在を疑う可能性も出てきますね。

完全に潔白であると断言できるのであれば「無効なアカウントについての申し立て」をすることができますが、これは最後の手段です。現状を正確に分析し、まったく落ち度が無いことをきっちり説明して、あとは無効処分が取り消されることを祈るしかありません。




こういう場合、それまでの報酬はどうなる?

アカウントが無効になれば、一切報酬は支払われません。広告配信停止に関しても、報酬の支払いができない旨の連絡があれば支払われません。

1000円でも、1万円でも、100万円でも無かったことになります。
恐ろしいですね…

「家に帰るまでが遠足」的なスタンスで、「自分の口座に報酬が振り込まれるまでがアドセンス」と考えて臨むのが良いと思います。




Googleは絶対的存在

Googleは、特に理由を説明しないでもアカウントを無効に出来る

グーグルアドセンスのヘルプを読むと、こんな説明がありました。つまり、Googleがその気になったらいつでもアカウントを無効にできるわけです。

こちらが出来ることは、ポリシーをしっかり守って、Googleからの最新情報をいつでも取得し、Googleの気にそぐわないことは絶対にしないこと、くらいです。

ちなみに、一度アカウント無効になったら、めったなことでは復活しません。なので、アドセンスアカウントは一粒種を育てるような気持ちで接しましょう。



  • 0
  • 1
  • 0
  • 28




コメントを残す

コメントは承認制です。日本語が含まれない投稿は無視されます。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ