アフィリエイトの報酬に関する内税と外税の違い

  • 0
  • 0
  • 0
  • 29


内税とは、成果報酬(売上)に消費税が含まれること。

外税とは、成果報酬(売上)と消費税が別個になっていること。

アフィリエイトで得る成果報酬(売上)は、多くの場合、内税です。でも、ちらほら外税のASPもあるので、内税と外税の違いについて知っておきましょう。


※ここで言う(売上)とは、アフィリエイターを個人事業主として見た場合のことで、実際にネットで販売した商品の売り上げのことではありません。




内税と外税の違い

例として、1万円の成果報酬(売上)が発生したとします。

内税のASP→アフィリエイターに1万円の支払い

外税のASP→アフィリエイターに1万円と800円の支払い

(消費税8%の場合)

外税を適用しているASPの場合は、消費税分の800円が多く貰えます。



どちらの支払いにも消費税分が含まれているので、本来なら年度末までに(売上)に対する消費税800円を納めなければなりません。しかし、(売上)が年間1000万円に満たない場合は「益税」扱いになります。

「益税」というのは、規定の額に満たない場合は消費税を納めなくていいから、アフィリエイター(個人事業主)がそのまま貰っちゃっていいよ、ってことです。

さっきの例で言うと、外税のASPだとまるまる800円儲かっちゃいます。




年間の成果報酬(売上)が1000万円を超えたら?

年間の成果報酬(売上)が1000万円を超えた人は、2年後から納税義務者となり、消費税を納税する義務が生じます。

また、当然(売上)が増えるほど、内税と外税の違いは大きくなってきます。
以下では例として、1000万円の成果報酬(売上)が発生したとします。


内税のASP→アフィリエイターに1000万円の支払い
→アフィリエイターは80万円の消費税を納税して、残りは920万円

外税のASP→アフィリエイターに1000万円と80万円の支払い
→アフィリエイターは80万円の消費税を納税して、残りは1000万円

(消費税8%の場合)

1000万円の(売上)だと、80万円の差になります。この差は大きいですね。



ここで気をつけたいのが、この成果報酬(売上)というのは、「利益」とは違うということ。

例えば、「1000万円の成果報酬(売上)を受け取ったけど、経費が980万円掛かってしまい、利益は20万円だった」そんな場合でも、消費税は80万円納める必要があるわけです。

60万円の赤字です・・・^^;




外税のASPはどこ?

主な外税のASPは、リンクシェアアフィリエイトBですね。

リンクシェア
アフィリエイトB



A8.net、楽天アフィリエイト、アマゾンアソシエイトなど、だいたいのところは内税です。ですので、もしそれぞれのASPに同じ提携先があった場合は、外税のASPと提携するとちょっとお得になります。



このように、ASPを選ぶときには、そのASPが支払う成果報酬(売上)が外税なのか内税なのか、チェックしてみるのが良いです。

外税のASPの方がアフィリエイターに優しい、ということを覚えておきましょう。
(※総合的に報酬が多くなるかは、各ASPのシステムによって変わります)



関連記事
主なASP比較一覧



  • 0
  • 0
  • 0
  • 29




コメントを残す

コメントは承認制です。日本語が含まれない投稿は無視されます。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ