外注に記事作成を依頼する時の考え方 品質と労力への対価

  • 0
  • 0
  • 0
  • 27


ブログやサイトの記事作成を外注に依頼する時、どのようなスタンスを取るべきか考えてみます。



記事作成の最安値を考える


記事作成依頼の安い例で言うと、1記事800文字100円でやってくれる人もいます。100記事で1万円です。この条件で書いてもらえたら、依頼する側からすると物凄くありがたいですよね。

しかし、自分で記事を作る時を考えれば分かりますが、800文字を書くだけでも調べ物はしなければなりませんし、さらに面白い文章や記事のまとまりを考えたらそれなりに推敲や書き直しが必要です。

1記事800文字100円というのは、簡単に言うと、かなりタダ働きに近いのではないか、と。

大手ポイントサイトのげん玉ですと、300文字で35円、500文字で90円などの案件があるようですが、これもけっこう記事を書く側にすると厳しい条件だと思います。

このあたりが最安値のライン。もっと言うと、絞りに絞った値段設定ということになります。




記事の品質、労力への対価で考える


トレンドサイトやアフィリエイトサイトの運営はネットビジネスですから、できるだけ安く外注を使いたいのは分かります。ただし、安い外注は当然記事の質も低下するんですよね。

低品質コンテンツを指摘されて閉鎖に追い込まれるサイトは枚挙にいとまがありませんので、質の低い記事を使っていると結局は自分の首を絞めることにつながります。

トレンドサイトがペナルティを受ける理由



自分のブログに愛着を持って運営を続けてきた人なら、外注が低品質な記事を作ってきたら文句を言いたくなるかもしれません。

そこでもし自分が外注の記事作成者だったとして、800文字100円で書いた記事に「ああしろこうしろ」と修正を指示されたらどうでしょうか。

私なら、イラっとします(笑)。



はじめは安く雇っても構いません。
(ただし安価で募集すると、記事の質が低い人や初心者が集まりやすいです)

しかし、いくら頑張ってもはした金にしかならない仕事だと気づいた時点で、誰でもやる気が無くなり記事の質が落ちるのは目に見えています。

記事作成、ワードプレス作業、記事タイトルの作成など、労力や仕事のクオリティが高いと思ったら、それに見合うだけの対価を払ってあげましょう。有能な人を雇えていると、自分の武器にもなりますよ。

外注化に必要な金額は?




総合的なコストパフォーマンスで考える


一人の外注さんに出来るだけ長く仕事をしてもらうことで、新たに人を雇うために必要な時間が減ります。実はこれもけっこう大事なことで、外注を雇うための募集、選別、交渉にはけっこう時間が掛かるものなんです。それプラス作業してもらうために教育をしていかなければなりません。

安い外注を取っ替え引っ替えするのは、時間も含めて総合的に考えると非常にコストパフォーマンスが悪いです。




外注に依頼する時の考え方まとめ


きちんとした値段を支払うことが自分のためにもなる


※ただし、相応の対価を払わなくてもやってくれる人はいますし、逆に、いくらお金を払っても全然やってくれない人もいます。普通のお仕事と同じです。


関連記事



  • 0
  • 0
  • 0
  • 27




コメントを残す

コメントは承認制です。日本語が含まれない投稿は無視されます。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ