Search Meterの使い方|WordPressのサイト内検索を記録するプラグイン

  • 0
  • 6
  • 0
  • 0


プラグインSearch Meterは、WordPressでサイト内検索されたキーワードの履歴を記録してくれます。

サイト内検索の履歴は非常に重要な情報を提供してくれるので、ぜひ使い方を覚えてコンテンツ作成にデータを活かしましょう。



サイト内検索のキーワードが意味すること


search-meter00
サイト運営が長くなってくると記事数も多くなるので、ユーザーに見つかりにくい記事が出てくることでしょう。

そういうとき、ユーザーはサイト内検索をして目当ての記事が無いか探すわけですが、これは「このサイトに、このキーワードに関する情報があったら読んでみたいな」ということを意味しています。



サイト内検索のキーワードは、まさにユーザーが欲している情報がダイレクトに表れてくるデータと言えます。

言い換えれば、サイト運営者に対する「こういう記事を書いて欲しい」という期待の表れとも取れるわけです。こんなデータを使わない手は無いですよね。



では、Search Meterの使い方を説明していきます。


Search Meterの使い方


search-meter01
メニュー → プラグイン → 新規追加 と移動し、「Search Meter」と検索、インストールして有効化します。




search-meter02
有効化するとダッシュボードにSearch Meterのパネルが追加されていて、7日間分の簡易的な検索履歴を見ることが出来ます。

試しに検索してみましたが、ちょっと表示がズレてますね…^^;



右の数字がSearches(検索数)で、左の数字がResults(検索結果の記事数)だと思うのですが、表示される場所が“てれこ”になってしまってます。

まあ、動作には影響がないので問題無いです。




詳細なデータを見る

search-meter03
サイト内検索の詳しいデータを見るには、WordPressのメニューバー → ダッシュボード → Search Meter と移動しましょう。




search-meter04
Summaryのページで、昨日と今日、最近7日間、最近30日間、それぞれ別にサイト内検索の履歴を閲覧できます。

それと、「Unsuccessful search summary」として、検索結果が表示されなかったキーワードも同様の分類で統計が記録されていきます。



「どのキーワードで多く検索されているのか」というのはユーザーの需要そのままなので、それらに関連するコンテンツは情報を充実させていくべきです。

検索結果が無いワードも、検索数が多いということはユーザーが「情報が欲しい」と言っていますので、そちらも記事をどんどん作って期待に答えていきましょう。




search-meter05
「Last 100 Searches」「Last 500 Searches」タブは、検索された日時とキーワード履歴を一覧にして、100個と500個ずつそれぞれ表示してくれます。




Search Meterの設定


search-meter06
メニュー → 設定 → Search Meter と移動すると、Search Meterの「設定画面」に移動できます。



以下は設定画面です。

search-meter07

Show statistics to(統計情報を誰に見せるか)
  • All logged-in users:すべてのログインユーザー
  • Post authors and administrators:投稿者と管理者
  • Administrators only:管理者のみ
Search filter(検索フィルター)
検索結果から除外するキーワードを入力します。部分一致する場合に除外します。
Keep detailed information about recent searches (taken from HTTP headers)
HTTPのヘッダー情報から詳細情報を取得します。
Hide the “Do you find this plugin useful?” box
設定画面の下部にある寄付の表記を消します。寄付の表示を消せる設定があるのは珍しいですね。
Reset statistics
統計情報をリセットします。すべてのデータが消えるので、このボタンを押す時はよく確認しましょう。

変更したい項目があれば、適宜チェックや単語を登録して「Save Changes」をクリックすれば設定完了です。

基本的にはデフォルトでも問題無いと思います。



注意点

プラグインSearch Meterは、WordPress標準の検索ボックスにのみ対応しており、Googleカスタム検索には使用できません。

最終更新が2年前と、最近更新していないのが気になるところですが、現在のところ動作に影響はありません(2014年5月2日)。ダッシュボードの表示はちょっと崩れてますけどね。



  • 0
  • 6
  • 0
  • 0




コメントを残す

コメントは承認制です。日本語が含まれない投稿は無視されます。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ