ブログ記事はネットやSNS利用者が多い時間帯を狙って投稿すべき

  • 0
  • 1
  • 0
  • 29


日々ブログを更新している方で、記事を投稿する時間帯にまで気を使っている人はなかなか少ないのではないでしょうか。

今回は、ブログ記事の投稿時間について、ネットやSNS利用者が多い時などを踏まえて、いつが最適なのかを考えてみます。




SNSの台頭によって、記事を投稿する時間帯の重要性が増している

「うちみたいな弱小ブログは、固定ファンが新記事の投稿を待ち望んでいるわけじゃないし、記事をアップする時間まで意識する必要は無いでしょ」
(ドヤ顔)

私もそんな風に考えていました。

しかし、最近はTwitterやFacebook、楽天ソーシャルニュース、はてなブックマークへ登録するなど、単純に記事をブログにアップするだけでは終わらないことが多くなっています。

記事のアップとSNSへの投稿を、連携している人もかなりいるはずですよね。



これらSNSなどのサービスは、どれもタイムライン制になっている部分が少なからずあって、新鮮な情報ほど好まれる性質を持っています。

楽天ソーシャルニュースやはてブの場合、登録は1回のみなのでタイミングは非常に重要です。登録時に楽天ソーシャルニュースのトップ画面に掲載されたり、はてブの新着に掲載されたりしますからね。

FacebookやTwitterだって、何度も同じ投稿をすることはフォロワーの迷惑になるので、普通はあまりやらないでしょう。やはり記事の投稿と同時にされるツイートなど、最初の告知は重要になります。



こういったことを考えると、記事の投稿をするときにネットやSNS利用者が多い時間帯を選べば、その記事を見てもらえるチャンスが多くなるのはあきらかです。SNSなどの台頭によって、投稿の時間帯は以前よりもかなり重要なポイントになっていると言えます。




ネット、SNSの利用時間帯を考える

ブログ運営をある程度続けてきた方なら分かると思いますが、アクセスのある時間帯というのはだいたい同じです。たまには違う推移を見せてもいいんじゃないの?と思うほど、毎日同じようなグラフになるんですよね。

ジャンルによって多少ピークの時間帯は違いますが、記事を投稿するタイミングは、そのピークに合わせて実行すれば良いだけです。それにプラスして、記事内容のターゲットのことを考えて投稿すれば、さらにグッドです。



以下、具体例を示してみます。


株式系

例えば、平日60代無職男性だと、10時、13時、15時と、株式市場の動向に合わせてインターネット利用のピークがあります。株式系のサイトを運営している場合は、この時間帯に記事を投稿すればついでにチェックされることも多いでしょう。



テレビ

テレビ視聴は7~9時、12時、18~23時頃まで、とくにゴールデンタイムは圧倒的に見ている人が多いです。関連するTV系、エンタメ系の記事はこのあたりに投稿するのが吉です。テレビを見ながら関連情報を調べる人は非常に多いですからね。



SNS

SNSの利用が一番多い時間帯は夜寝る前になります。寝っ転がったり、布団の中でスマホをいじる人が多いのは分かりますよね。確かに、私の所有するアプリ紹介系のサイトは、21時から23時くらいまでがアクセスのピークになることが多いです。




Google Analyticsで自サイトのピークを知る


Google Analyticsで、3~4日程度をピックアップして「時間別」をクリックします。

こうするとアクセスのピークがいつなのかが分かります。
(アクセスがほとんど無いサイトの場合は判別できませんが…^^;)




とにかく人の居る時間帯を選ぶ
以上のように、自分の作成した記事やサイトの内容に合わせて、とにかく人が多い時間帯に、人の目に触れるように投稿したいです。

特に作ったばかりのサイトの場合は放っておいたら誰も見に来ませんから、少しでもアクセスを増やす努力を重ねていくことが大事です。狙う時間がよく分からない場合は、12時前か、20~21時くらいに投稿するようにしておけば良いでしょう。アクセスが来るようになったらアクセス解析をチェックです。

深夜にこそっと記事を投稿&シェアしても、人がいなければ意味が無いです。検索エンジンからのアクセスはともかくとして、SNSのタイムラインでは投稿する瞬間が一番人の目に触れる可能性が高いのですから、できる限り大事にしていくべきです。




バイラルを狙うなら、投稿タイミングはさらに重要
サイトが育っている場合はいつ投稿してもある程度見てもらえますが、閲覧数が増えた分、バイラルを起こすチャンスが増えます。

バイラルを狙うことを考えたら、さらにタイミングを気にしたほうがいいです。人が多いほど、リツイート、いいね、はてブされるチャンスは当然増大します。




その記事の可能性を大切に
力を入れて書いた記事、出来が良いと自分で思った記事であればあるほど、できるだけ人が多いところへ露出を増やしてあげたいです。

なぜなら、その記事を読んでさえ貰えれば、読んだ人があなたのファンになってくれる可能性が高いわけですから。

ブログのトップページに掲載される時間を長く取るために、次の記事をアップする時間を遅らせるのもひとつの方法になります。

少しでも人の目に届くようにして、その記事の可能性を大事に使ってあげましょう。生みの親として、出来る限りのことをしてあげてください☆




恥ずかしがらず、人が多いところへ


「人が多い=パイが大きい」ところへ突っ込んでいくという考えは非常に大切です。

物販アフィリエイトでは需要のある商品を選ぶのは必須のことですし、トレンドアフィリエイトでも、とにかく世間で大きく話題になっている事柄を中心に記事を書くべきです。



恥ずかしがり屋さんも、あまのじゃくさんも

私はどうも多くの人が興味を持っていると、ふーん、じゃ、いいや、みたいな「あまのじゃく」な所があるので、そんな性格がアフィリエイトにもすごく影響してます。

意識しないと、裏、裏へ行っちゃうんですよねぇ…。恥ずかしがり屋なのか、ヘンクツなのか、なんなのか知りませんけど。

みなさんもどうか、パイが大きい所を狙う習慣をつけてください。ニッチを狙うのもいいんですけど、ほどほどにしとかないと大爆発は期待できません。

人まねしすぎてかぶりまくっちゃうような人は、方向性は正しいのですが、アプローチをずらす工夫が必要になります。狙いは正しいですので、別の角度から記事を書いてみましょう。




まとめ

ということで、ブログ記事の投稿やSNSにシェアする時間帯に気を配って、できるだけ多くの人に記事を見てもらえるようにしていきましょう、というお話でした。

アクセスアップするには、小さなことの積み重ねが後々大きな結果を生むことになりますので、出来ることはやってしまえばいいんじゃないの、という軽い気持ちでやってみるのが良いと思います。

別に記事を投稿する時間を変えたって、誰かに怒られるわけでもないですし。
予約投稿も簡単に出来ますし^^

アクセスアップに苦慮している方はお試しあれっ



関連記事



  • 0
  • 1
  • 0
  • 29




コメントを残す

コメントは承認制です。日本語が含まれない投稿は無視されます。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ