i2iアクセス解析を設置するとiPadやスマホにオーバーレイ広告が表示される

  • 0
  • 0
  • 0
  • 28


i2iアクセス解析は無料で高機能なアクセス解析を利用することができるので、ネットサーフィンをしていると結構設置しているブログを見かけます。

しかし、意外と知られていないのが、スマホやタブレット端末にオーバーレイ広告が表示されているという事実。

アクセス解析だけなく、i2iサイト内ランキングなど他のサービスも同様です。自分のサイトをまだ一度もタブレット端末で表示して見たことがない人は一度確認することをおすすめします。



実際にi2iアクセス解析を設置してみた



PCで表示した場合には、このように画面左上にPR広告バナーが表示されます。小さい広告で、記事の閲覧にもまったく邪魔になりません。

問題は、タブレット端末で表示した場合です。






こちらはiPadで表示したときの画面です。

画面下部にオーバーレイ広告が表示されています。スクロールしている最中は消えますがスクロールが止まると再度表示されます。右の方の×を押せば消せるんですけど、誤クリックしやすいです。それに別のページに移動するとまた出てきます。

これは閲覧者からするとかなり邪魔に感じると思います…^^;





続いてスマホで表示したときの様子です。ばっちり表示されてますね。これも離脱率を高める原因になると考えられます。

私の場合だと、iPadでネットサーフィンしてるときにオーバーレイ広告が表示されると、よっぽど見たい情報が無い限りはページを閉じてしまいます。

他の人も同じように感じているのではないでしょうか。




i2iアクセス解析を使うのはやめるべき?

このオーバーレイ広告を消すには、有料版(年間5460円)に移行するか、別のアクセス解析に乗り換えるか、ということになります。

PCでサイトを見た場合は小さい広告しか表示されないので、パソコンのみで閲覧されることを想定しているのなら無料のまま継続して使用しても問題はありません。

しかし最近のアクセスの半分以上はスマホやタブレットによるものです。今後もこの傾向はより強まると考えられますので、オーバーレイ広告による機会損失を防ぐためには、i2iアクセス解析の導入はやめておくのが賢明です。

とくにワードプレスの場合は、せっかく独自ドメインを取得してサーバー代を払っているのに、このような広告を表示されてしまうのはちょっといただけないですよね。



ただ単に広告が表示されて邪魔なだけならまだマシで、Googleアドセンスを利用している時はさらに注意が必要です。

アドセンス広告の上にオーバーレイ広告が出てしまうと、もしかしたらポリシー違反になってしまう可能性もあるかもしれません。ただでさえクリックの機会を奪われているのに、その上アドセンスのアカウントまで停止されてしまったらやりきれません…。



アクセス解析で一番のおすすめはGoogle Analyticsです。ただし、Google Analyticsはリアルタイム更新で見るには向いてません。

なので、リアルタイムでアクセス解析をしたい人には忍者アナライズをおすすめします。こちらは小さい広告が出るだけです。まあ、サイトによってはGoogleからの流入を検出できなかったりしますので、万全とは言い難いですが。




まとめ

今回は、i2iアクセス解析はオーバーレイ広告が出るので一度確認してくださいね、というお話でした。

そんなことは承知のうえで、あえて使用しているのであれば全く問題無いです。機能的には文句が無く、管理画面も使いやすいですし、私も広告が出ないのであれば使いたいと考えています。

無料なので、多少の広告はやむをえないと思います。でもオーバーレイ広告というのは、サイトの一番おいしいところを持って行かれてしまうので、ちょっと耐えられないかな、という感じですね。



  • 0
  • 0
  • 0
  • 28




コメントを残す

コメントは承認制です。日本語が含まれない投稿は無視されます。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ