楽天アフィリエイトとAmazonアソシエイトの違い!どちらが稼ぎやすい?

  • 0
  • 1
  • 0
  • 28


楽天アフィリエイトAmazonアソシエイト
2つとも物販アフィリエイトでは外せないASPです。

どちらもネット通販の大手が運営していますが、その仕組みはけっこう違います。二者の違いを把握することで、物販アフィリエイトの理解を深めましょう。



楽天アフィリエイトとAmazonアソシエイトの違い


・クッキーの長さ

楽天が30日間、Amazonは24時間に設定されています。

クッキーの長さは、簡単に言うとタイムリミットのことです。広告をクリックしてから、上記の時間内に買い物をした場合に報酬が発生するようになっています。

圧倒的に楽天のクッキーの方が長いですね。



・料率

楽天は基本1%、Amazonは0.5~10%

料率とは、商品の売上に対して報酬が何%かということです。当然、アフィリエイターとしては料率が高いにこしたことはありません。

楽天の料率は基本的に1%です。料率の高い店舗もありますが、期間が短いことが多いのでアテになりません。Amazonは商品のジャンルや売った個数によって料率が変動します。



(Amazonの料率を3.5%とした場合)
2万円の物を売ったら、楽天は200円の報酬、Amazonは700円の報酬
12万円の商品を売った場合、楽天は1200円、Amazonは上限の1000円の報酬ということになります。

Amazonはクッキーが楽天よりも極端に短い分、3倍以上料率が良い、というのが以前は当たり前でした。しかし、最近はAmazonの料率も下がってしまいました。報酬の上限も定められ、1商品につき1000円より多い報酬は支払われなくなりました。この改定はAmazonアソシエイトで稼いでいた人には大打撃だったはずです。今後も料率は下がる傾向が続くと予想されます。

アフィリエイトではこうやって企業側がルールを好きに変更できるので、自分のサイトで今稼げているとしても、将来ずっと安泰なわけではないということを覚えておきましょう。



・支払い方法

楽天は報酬が3000円以下の場合、楽天スーパーポイントで支払われます。それ以上の報酬があっても、楽天銀行の口座を開設しないと受け取ることはできません。支払い月内までに口座を開設しなかった場合はオーバー分が無効になります。

さらに、現金にするには10%の手数料が掛かり、それプラス消費税分も引かれるという具合になっています。手数料無しの特別制度もありますが、なかなかハードルが高いです。



Amazonも現金の支払いは5000円以上になっていて、振込手数料が300円掛かります。それ以下の場合はAmazonギフト券なら支払いが可能です。ただし、Amazonの場合は翌月に持ち越しができるので報酬が消える心配はありません。



・それぞれの特色と購買層

ネットショッピングを全くしたことが無い人は、けっこう違いが分からなかったりしますよね。楽天とAmazon両社の特色を比べてみます。



楽天はまさに市場という感じで、寄り合い、寄せ集め、という印象です。個人商店から大企業まで幅広く出店していて、激安ショップも多く、安さでは楽天が上です。また、楽天の大きな特徴と言えばポイント制度であり、ポイントを獲得できる企画が頻繁に行われます。こういう時には購買意欲がかなり高まるので、Twitterで売れ筋の商品をつぶやいておくだけでもかなり売り上げをあげることができます。

購買層としては、1円でも安く買い物がしたい人は楽天を選びます。日用品などを買う主婦向けの商品などは楽天から売れやすいと言えるでしょう。



一方、Amazonの方は、どちらかというと百貨店のようなイメージでとらえると良いと思います。楽天よりも若干Amazonの方が商品の価格は高いですが、店舗が統一されていて均一なサービスを受けることができるので、Amazonの方が信頼性が高い印象です(Amazonにも出店している店舗はあります)。

楽天ポイントを貯めようとすると、買う時期や時間、買い方などが非常に煩雑になるので、それが面倒と感じる方も多いです。とくに富裕層からしたらそういった煩わしさは邪魔なだけなので、お金持ちはAmazonの方が好きと言われています。



・どちらが稼ぎやすいか

クッキーの長さから考えれば楽天のほうが圧倒的なのですが、料率で考えると売り上げ100万円でやっと1万円の報酬という何とも厳しい報酬設定になっています。

なので、記事できっちり商品を紹介する場合はAmazonのリンクを貼っておいたほうがいいです。サイドバーなど何でもいいからクリックさせてクッキーを狙う場合は30日間の猶予がある楽天の広告が最適でしょう。一長一短があるので、ケースによって使い分けるのが良いです。



結局、人それぞれ買うショップは違ってくるので、記事で商品を紹介する場合は多くのアフィリエイトリンクを設置しておいたほうがいいです。楽天やAmazonだけではなく、Yahoo!で買いたい人もいます。アフィリエイトし始めの頃は登録してあるASPもそう多くないと思うので、基本的には、Amazonと楽天のリンクを両方貼っておけば問題ないです。慣れてきたら徐々にASPを増やしていけばいいです。




まとめ

・楽天はクッキーを狙う
・商品紹介するならAmazon
・出来れば多くのアフィリエイトリンクを貼った方がいい
・料率は不変ではない



  • 0
  • 1
  • 0
  • 28




One Response to “楽天アフィリエイトとAmazonアソシエイトの違い!どちらが稼ぎやすい?”

  1. […] 思うな!http://netbiz-life.com/archives/1193 […]

コメントを残す

コメントは承認制です。日本語が含まれない投稿は無視されます。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ